戻る

精神科専門療法

  1. HOME
  2. 精神科専門療法
社会復帰や自立・社会参加へつながる方々を専門療法で支援します。社会復帰や自立・社会参加へつながる方々を専門療法で支援します。

修正型電気けいれん療法

米国ソマティク社製のパルス波治療器サイマトロン(Thymatron®)を導入し、全身麻酔下にて施行しております。主に希死念慮の強いうつ状態の方が対象となりますが、統合失調症の興奮状態などにも施行し一定の効果が得られています。近年では高齢者の認知症に伴ううつ状態への施行も積極的に行っており、食事摂取の困難だった高齢者の方が修正型電気けいれん療法施行後に食欲を回復され退院されていくケースが増えております。手術の施行にあたっては、経験豊富な常勤の麻酔科医による呼吸管理、循環管理を行いながら、麻酔薬及び筋弛緩薬を投与しており、安全管理には徹底した配慮を行っております。以前の電気けいれん療法は筋弛緩薬の使用を行わなかったため、高齢者では骨折などの問題があり施行できませんでしたが、修正型電気けいれん療法では筋弛緩薬の投与をあわせて行うため、骨折の危険性も低く、高齢者の方にも施行できております。

治療抵抗性統合失調症の方へのクロザピン

重篤な副作用である無顆粒球症の監視のため投与職には毎週血液検査を施行し、クロザリル患者モニタリングサービス(CPMS)に報告を行いながら投与しております。当院ではCPMS登録医、クロザリル管理薬剤師、CPMSコーディネート業務担当者が複数在籍しております。クリニカルパスを利用した副作用の監視や病状の評価を行いながら、安全な運用に努めており、平成27年3月末現在無顆粒球症の発症はみられておりません。

注意欠陥多動性障害へのメチルフェニデート

登録は必要なメチルフェニデート徐放剤についても登録医が在籍しております。

デイケア

メンバーで決める楽しいプログラム

デイケアは
月・火・水・木・金 の 週5日

  • 音楽鑑賞・絵画・書道・手芸などの趣味の時間
  • 卓球・バドミントン・ミニバレー・ビーチバレーソフトボールといったスポーツ
  • ウォーキングなどの屋外活動など

デイケアとは在宅療養をしているが、すぐに仕事に就けなかったり、日常の生活リズムが整わない等の課題を抱えている方の為にあります。可能性を広げ社会復帰と社会参加を目指し、生活全体の質を高められるようにスタッフやメンバー同士で支援していくものです。食事を無料で提供しています。外来治療の一環で、ある一定時間のグループ活動を中心とした治療です。治療時間により以下の3種類があります。

ショートケア
(3時間)
デイケア
(6時間)
デイナイトケア
(10時間)
9時~12時 又は
12時~15時
9時~15時 9時~19時
給食なし 給食あり(昼) 給食あり(昼・夕)

平成27年3月1日現在、登録者数は68名です。(男性38名・女性30名)
主な活動内容は心理教育(病気に関する学習会)・健康管理プログラム・対人関係訓練(SST等)・スポーツ・地域の情報収集・ビデオ鑑賞・生活訓練(自炊・買い物・洗濯など)就業体験プログラム(パン教室・喫茶ぐれーぷ等)脳活性プログラム(珠算・計算ドリル・漢字学習・大人の塗り絵等)社会体験(旅行・忘年会等)等です。

活動紹介

  • 平成26年
    デイケア日帰り旅行

    <鹿児島県出水市>
    日本一大きい鈴の観光
    昼食の「いずみ親子ステーキ」もGoodでした

  • 平成26年
    デイケア日帰り旅行

    <天草市松島町>
    「数十年ぶりの天草で来て良かった」の声も。
    眺め抜群で皆にっこり

  • 初夏の茶席

    <松濱軒>
    菖蒲も見ごろ・・・

  • 第21回ふれあいピック

    <パークドーム熊本>
    八代のチームカラーはピンク。 “ピンキーズ”のみんなで力を合わせてエンヤコラ!

  • 創作活動

    <九難猿>
    「難を転じて苦難を猿」
         ↓
    九難猿という縁起物
    南天の枝にお猿さんを乗せています

OT 精神科作業療法

作業療法のご紹介

当院の作業療法科では、病状の安定や回復を目指すプログラムの実施を行っています。
一般的な作業と致しましては、手工芸を中心としました手作業やパソコン作業、調理やスポーツ活動を実施しています。それに加え、疾患別のプログラムも実施しております。
  • リワーク
    休職中の方々を対象に復職目的としたプログラムです。デスクワークはもちろん体力作りのための、スポーツ活動等も実施しております。
  • くまがわクラブ
    アルコール依存症の方々を対象としたプログラムで、趣味活動・調理活動・体力作りのための運動等、週替わりでの実施をしております。
  • リフレッシュクラブ
    気分障害の方々を対象とし、勉強会や呼吸法の練習、ストレッチを中心とした軽運動、瞑想等を取りいれたプログラムを実施しています。
  • ぶどうの木
    広汎性発達障害の方々(中・高生のみ)を対象とし、ゲームやミーティング等を利用した対人訓練の実施を行っています。
その他、高齢者の方を対象に転倒予防体操等の実施等、さまざまな活動を取り入れ、患者様のニーズに応じた治療プログラムを実施しております。

OT週間スケジュール

↓ 左右にフリックできます。


  • ウィードの会
    (手工芸 他)
  • リワーク
    プログラム
  • わかばの会
    (内職作業)
  • ウィードの会
    (手工芸 他)
  • リワーク
    プログラム
  • くまがわクラブ
    (アルコールプログラム)
  • ウィードの会
    (手工芸 他)
  • リワーク
    プログラム
  • 楽(ラク)ッキング
    (調理活動)
  • リフレッシュ
    クラブ
    (ストレッチ 他)
  • ウィードの会
    (手工芸 他)
  • リワーク
    プログラム
  • わかばの会
    (内職作業)
  • オアシスの会
    (音楽鑑賞)
  • ウィードの会
    (手工芸 他)
  • リワーク
    プログラム
  • ゆたかクラブ
    (体操 等)

  • スポーツ
    (卓球)
  • はつらつクラブ
    (レクリエーション)
  • わかあゆ会
    (体操 等)
    【6病棟4階】
  • 健康クラブ
    (レクリエーション)
  • スポーツ
    (ビーチバレー)
    ※夏期は内容変更有
  • はつらつクラブ
    (レクリエーション)
  • わかあゆ会
    (体操 等)
    【2病棟2階】
  • シネマの会
    (第1・3木曜日)
  • ぶどうの木の会
    (第2・4木曜日)
  • スポーツ
    (ビーチバレー)
    ※夏期は内容変更有
  • ころっけ会
    (体操、音楽・映画鑑賞 等)
    【6病棟3階】
  • 手作業

※上記プログラム以外に個別訓練(身体機能訓練等)も実施

*作業療法にかかる費用は、1日2200円です。(3割負担の場合は660円になります。)
  但し、入院中は各種医療保険、高額医療制度、外来では障害者自立支援医療などの対象になります。

OT作品紹介

訪問看護

 外来通院の方で、訪問が必要な方には、自宅を訪問し具体的な変化や生活状態のチェック・服薬・栄養指導などを行っております。
 訪問後・主治医や関係スタッフと情報を共有し、再入院防止にも役立てています。
また、看護師やケースワーカーなど複数で訪問することにより、専門的な支援ができるようにしています。